Personal Business

個人ビジネスとは

ここでいう個人ビジネスとはいわゆる会社形式にしても結局は個人でビジネスをしている形を指します。完全に個人でなくても家族に手伝ってもらうだけの会社も含まれます。このような個人ビジネスは会社=法人という形式にしていますが実態は個人事業主と変わらない場合も多いです。

もちろん、法人にしているというだけで、さまざまなことが変わってきます。例えば税金の申告も違いますし、社会保険は厚生年金になります。しっかり登記されているということで社会的な信頼度も変わってきます。

しかし、ビジネスとして何を行いどう稼いでいくかの形は個人事業と似ているのでここではこのような方も対象にした話をしていきたいと思います。

会社にする意味

会社にするというのはいろいろな意味で大変です。まず登記という作業を法務局で行わなくてはなりません。これはいろいろな書類を提出し法人を作る作業です。そしてこれにはお金もかかります。

法人になると厚生年金加入も必要です。社会保健関係の手続きは社員が少なければそれほどでもありませんが、慣れないとやはり大変です。

そして税金の申告も個人とは異なります。法人用の申告はなかなか素人向けのいい本も少なく、自分が必要とする部分だけを知るのも難しいところです。そして申告書以外に多数の別表と言われる書類、そして勘定科目内訳書など別の書類も必要になります。

これらの作業をしても得られる法人のメリット、それはやはりビジネスの幅が広がるということでしょう。個人では利用できない決済サービスが利用できたり、個人では相手にしてくれない業者や公的機関とも取引が出来ます。法人はそれだけ面倒なことをやって存在しているわけですからそれだけ信頼度が高いわけです。

法人にすべきかどうか

個人事業を行っていて法人にすべきかどうかは、やはり事業規模が大きくなったら考えていくべきでしょう。事業を大きくしていく上で必要であれば法人化もやってみるべきです。手間はかかりますが、小さい法人であれば実際にはそれほどでもありません。個人でも充分法人は作って運営できます。

ただし、会計ソフトを使ったり、法人税や社会保険の仕組みを学ぶなどの努力は必要です。